企画から制作までの流れ

-

噴水、池(水盤)

Proposal 企画・提案

クライアント、コンサルタント、設計者との打ち合わせを密におこな い、CG,ミニチュア、モックアップによるシュミレーションや実験の成果などをもとに、その場に最も適した水景や造形・広場などの企画 を提案します。また、常に新しい快適空間の創出を目指し、自主的に独自の空間演出企画の提案をおこなうほか、各種のコンペにも積極的に参加しています 。

image
↓
Design デザイン・企画

企画・提案に込められたコンセプトやテーマに基づき、具体的な意匠や演出手法を洗練し、今までに培ったノウハウと最新の開発技術を駆使して効率的なシステムを設計します。

image
↓
Construction 制作・加工

施工部門では、造園から建築、イベントまで幅広いフィールドに対応しています。また、最後の試運転調整により水の意匠をベストな状態で完成させます。モニュメントやタウンオブジェなどに関しても、様々な材質の特性を十分考慮し細部のディテールにこだわり、忠実に意匠の制作に当ります。

image
↓
Maintenance 保守・管理

完成後も、長く親しまれる空間であり続けるように、保守契約により定期的に水景や造形の点検・調整・清掃などに当り、良好な状態で管理します。
また、老朽化した施設のリニューアルにも、積極的に対応します。

 

image
Laboratory 研究・開発

新しい噴水意匠や演出技術の開発はもとより、災害時の水確保、延焼の抑止といった防災や、太陽熱・風力発電などの省エネを目標とした水景を研究し、企画・設計に反映して行きます。
また、施工や保守現場からの課題と取組み,より良い水景システムを開発して行きます。

image
ページ先頭へ戻る